スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相誕生へ 「党の顔ふさわしい」近畿の民主歓迎 自民冷ややか(産経新聞)

 民主党新代表に決まった菅直人氏について、民主、自民両党の各府県連関係者からはさまざまな声が上がった。

 民主党は評価する声が相次ぎ、大阪府連幹事長の土師幸平府議は「菅氏は民主党を再生させたいという思いがある」としたうえで「沖縄問題や政治とカネの問題も必ずしも決着がついたわけではないが、今回の代表選を受けて最悪の状態だった支持率も向上につながるのではないか」と話す。

 同党兵庫県連の越智一雄幹事長も「要職を歴任し、経験も豊富。与党としてしっかりした運営を任せられる。誠実に国民目線で取り組んでほしい。一番納得いく結果ではないか」と、ほっとした表情。

 「参院選にもいい影響がある」と評価するのは、同党京都府連の山本正幹事長。「国民の期待に応えられる最もふさわしい人が選ばれたと思う。結党以来、民主党を支えてきた経歴やリーダーシップなど、党の顔として大いに期待できる人だ」とし、「代表も大事だが、マニフェストの実行や、しがらみのない政治の実現という結党の原点に返る姿勢がなければ、国民の理解は得られない」と指摘した。

 一方、自民党関係者は一様に冷ややかな反応をみせた。

 同党大阪府連幹事長の横倉廉幸府議は「民主党の支持率低下の原因を鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長2人の責任にして、代表の顔が変わっただけ」と厳しく批判し、「鳩山首相は政界引退の意向を示したのだから、小沢幹事長にも引退を迫るべきだ。裏で小沢支配は続き、民主党の本質は変わらない。支持率は上がり、選挙に影響はあるだろうが、本質は変わっていないと訴えていく」と話した。

 自民党兵庫県連の五島壮幹事長は「世代交代、刷新を訴えた樽床伸二氏の得票はあまり伸びず、無難な結果に終わったという印象。有権者にとっても『これで民主党は変わる』とは映らないだろう。ご祝儀相場で若干支持率が上がっても、インパクトを与えるほどではない」と、淡々と話し、参院選については「わが党はまだ苦しい状況。とにかく地道にひたむきに、一生懸命やるしかない」と話した。

 「菅さんになっても、小沢さんの影があることは間違いないと確信している」というのは、自民党京都府連の多賀久雄幹事長。「清新というイメージは感じられない。民主党の『政治とカネ』の問題が、解決したわけではなく、その問題から逃げただけ。自民党は引き続き、『政治とカネ』の問題を追及していきたい」と語った。

<拝観料>EV・PHVのタクシーやレンタカー利用でエコ割引(毎日新聞)
阪神・中村2軍コーチのユニホーム盗難 ホテルに不審な男(産経新聞)
負けず嫌い、菅家の話題は政治…妻の伸子さん(読売新聞)
新緑の雨滝に傘の花 鳥取で滝開き祭(産経新聞)
死因究明のモデル事業、見直しの方向性を提示(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)

 川崎市多摩区のそば店「蕎麦酒房 笙(しょう)」が提供する多摩川の天然アユのてんぷら料理が、話題を呼んでいる。多摩川のアユは高度成長期の水質悪化で姿を消していたが、近年は遡上(そじょう)が増加。冷凍ものも含めれば、年間を通じて提供できるようになったという。地元住民らは「食文化の復活」と喜んでいる。

【関連記事】多摩川:アユの遡上ピーク

 調布市郷土博物館(東京都)などによると、多摩川のアユは江戸時代、幕府に献上されるほど姿や味が良く、庶民にも親しまれた。昭和30年代までは、現在の京王多摩川駅(調布市)周辺にアユを出す料理屋や旅館が軒を連ね、客が屋形船で漁の見物を楽しんだ。

 1970年代には、家庭排水の垂れ流しなどで遡上は見られなくなったが、多摩川水系に10カ所の下水処理場が整備された結果、水質が改善。近年は平均で年約100万匹が遡上しているという。

 中流でアユ漁を続ける川崎河川漁協によると、年間を通じて天然アユが食べられるのは「笙」だけ。昨年3月からメニューに加えたところ、「本当に多摩川でアユがとれるのか」「多摩川のアユ料理は懐かしい」と話題になり、年1200食が出る人気となった。

 料金は約18センチのアユに野菜を添えたてんぷらが480円。経営者の阿佐美笙子さん(66)は「川の復活で天然アユが食べられるようになってうれしい」と話している。【竹内良和】

【関連ニュース】
【写真特集】水に生きる仲間たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】稚アユや卵の珍しい写真も
【特集】郷土料理のページ 川魚もいろいろ
アユ漁:解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川
アユ漁:解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川

睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ-SASネット(医療介護CBニュース)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
口蹄疫 足りぬ消毒薬、近江牛の里は困惑 配布1カ月分のみ(産経新聞)
室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)
<子宮頸がん>住民検診、効率的な「島根方式」に注目(毎日新聞)

1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)

 1歳の孫の首を絞めて殺害しようとしたとして、警視庁池上署は殺人未遂の現行犯で、東京都大田区の無職の女(48)を逮捕した。同署によると、孫は重傷だが命に別状はないという。女は自ら110番通報し、「夜泣きをして言うことを聞かないので首を絞めた」と供述している。

 女には精神科への通院歴があり、同署は刑事責任能力について慎重に調べている。

 同署の調べによると、女は23日午前5時20分ごろ、大田区南馬込の長女(22)の自宅マンションで孫の男児(1)の首を両手で絞めて殺害しようとした疑いが持たれている。

 同署によると、長女と孫が2人暮らししていたが、長女が夜間に仕事に出る際には、近くに住む女が孫の面倒を見に来ていた。

【関連記事】
1歳長女の頭や手足に骨折 傷害容疑で両親逮捕 大阪府警
長女虐待容疑の母親、救急隊に「誤って階段から落とす」とウソ 顔や脚にもあざ
車内で見つかった乳児遺体、外因死の疑い
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
かみ付いた飼い犬、逆転無罪 「幼児の証言に疑問」
虐待が子供に与える「傷」とは?

雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
トヨタ、レクサス4509台リコール届け出(読売新聞)
<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)
日本初のPC向け「録画予約機能対応」地デジ番組表『Gガイド.テレビ王国』”「Gガイド.テレビ王国録画予約数ランキング! レポート」全国版 Vol.165”のお知らせ
千葉で観光バスなど3台事故、12人けが(読売新聞)

首相、再び「月内」を強調 官房長官、鹿児島へ(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日朝、米軍普天間飛行場の移設問題について、「5月末までに決着する。米国の前に沖縄と全国、特に移設先にかかわる地域に理解をいただき、『これで行こう』という方向でまとめていく。それ以上でもそれ以下でもない」と述べ、月内決着の方針に変わりはないと強調した。首相公邸前で記者団に答えた。首相は13日夜には5月末決着を事実上、断念する考えを示していた。

 この問題で平野博文官房長官は同日午前、訓練の移転先として政府が検討中の鹿児島県・徳之島の関係者と15日、鹿児島市内で会談する考えを明らかにした。関係者によると、住民10数人に会うとされる。

 また、北沢俊美防衛相は記者会見で「政府としての方向性は5月末までに明らかにする」としながらも、6月以降も移設先自治体や米側との協議を継続するとの見通しを示した。

【関連:普天間問題】
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」
普天間5月末決着を断念 それでも首相は「続投」
代案なき反対は「無責任」 普天間問題でアーミテージ氏
決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
石原知事「総理としてみっともない。小学生じゃないんだ」

小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める(産経新聞)
「GReeeeN」の街にグリーンカレー(読売新聞)
<掘り出しニュース>愛知・豊橋市に外国人初の正規職員、日系3世・仲宗根さん「早く一人前に」(毎日新聞)
「車に傷」と代行運転手に30万円要求、恐喝未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)

インフル患者が12週ぶりに増加(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、4月12-18日の週は0.14で、前週から0.02ポイント増え、12週ぶりに増加したことが23日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。新型インフルエンザウイルスの検出は減少が続いており、継続的に検出されている季節性の割合がさらに増加している。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】


 3月15日から4月18日までの5週間に検出・報告されたインフルエンザウイルスのうち、新型の割合は61.2%、A香港型は9.7%、B型は25.2%だった。3月1日-4月4日の5週間では新型79.3%、A香港型3.3%、B型15.8%。昨年7月上旬から今年2月中旬まででは99%超を占めていた新型の割合はさらに減少し、季節性の割合が増加している。

 警報レベルを超えた保健所地域は9週連続でゼロ。注意報レベルのみを超えた保健所地域は、2週ぶりに1か所(佐賀県)あった。定点当たり報告数が「1.0」を超えた都道府県は佐賀(1.51)だけだった。


【関連記事】
インフル、B型など季節性の割合が増加
インフル混合ワクチン、「新しい臨時接種で」―足立政務官
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会

<北教組事件>資金提供認める方針 2被告、黙秘から一転(毎日新聞)
「泣きやまぬ」1か月の次男、父に殴られ重傷(読売新聞)
<訃報>中野友雄さん94歳=元北海道経済連合会会長(毎日新聞)
協会けんぽの低い健診率に改善求める声-厚労省内仕分け前半が終了(医療介護CBニュース)
県美術館長の松本氏が出馬へ=長野知事選(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。